こだわりを示す人には輸入車を

「自動車に乗る」という行為には、いくつかの意味があるかと思います。 多くの人にとっての自動車に乗ることの意味と言えば、移動手段であったり運搬手段であったり、という“あたりまえ”かつ“面白みのない”ものなのではないでしょうか。 こういったある意味「実用性」を重視するのであれば、無難なデザインや性能かつ低価格な車が良いのかもしれませんが、それは悪く言えば「没個性でチープ」と思われてしまうかもしれません。 「車だけがそう思われるならまだしも、車を運転している自分までもがそう思われるのは、気に入らない。」 こんな感想を抱くのは、当然のことです。 そんな「『他の人とは違う自分』を周囲に示したい」という人にこそ、輸入車がお勧めです。 人や荷物を載せて走れれば良い、車があればそれでいい、という人…は、それはそれで構わないのですが、「普通なのはイヤ」、「デザインや走り、エンジン音など、車にさまざまな“こだわり”が欲しい」…そんな人には、自らの“こだわり”を積極的にアピールできる輸入車はまさにうってつけの存在と言えます。 車には、一目見て「メーカーは○○で、車名は△△」とわかる“個性”がありますが、国内を走る輸入車の数が少ないだけに、輸入車の個性は他のどんな車よりも輝いて見えることでしょう。 例えば、欧米の輸入車であれば、日本車にはない重量感のある独特のデザインがありますし、自動車メーカーや車名そのものには詳しくない人であっても、それとわかる外観を持っていますから、否が応にも周囲の注目を浴びることでしょう。 また、車に詳しい人の中には「このエンジン音はポルシェの音だ」とわかる人もいるくらいですから、輸入車は“違いのわかる人”へのアピールにもなるのです。 いずれにせよ、輸入車の最大の魅力は「人とは違う車へのこだわりを周囲に示すことができる」、という点に集約することができるのではないでしょうか? 「あの車は…!」と街中で振り向いてもらえる。 その高揚感は何物にも代えがたい快感です。

車での差を出したいなら

日本国内を走る車のうち、およそ20%程度が輸入車であると言われています。 例えば、街中ですれ違う10台の車全てが国産車であれば ・・・続きは見出し!!