車での差を出したいなら

「日本国内を走る車のうち、およそ20%程度が輸入車であると言われています。 例えば、街中ですれ違う10台の車全てが国産車であれば、何の変哲もない日常の風景です。 しかし、そこに1台あるいは2台輸入車が入るだけで、退屈な日常がグッと引き締まります。 もちろん、国産車にエアロパーツをつけてノーマル車との差を出す、という方法も“あり”ですが、車そのものは変わらないわけですから、興味の無い人の関心を引くことはできないでしょう。 そういった意味で、車そのものを、より“洗練されたもの”、より“レアなもの”、より“プレミア感があるもの”=“輸入車”にすることで、大きな差を出すことができるのです。 「車は単なる道具じゃない」、「没個性はつまらない」、「目立つ車で差をつけたい」… こんな願いを叶えてくれるのが輸入車です。 退屈な日常に高揚感と緊張感を醸し出す。 運転している自分だけでなく、それを見ている周りの人も楽しませてくれる。 そんな輸入車をぜひ手に入れてください。