コンパクトでも室内は極上

「中型~大型の輸入車には、なかなか手が出せない」 こういった事情があって、「まずはエントリーモデルを」と考え、コンパクトな輸入車を買う人が増えています。 最近の輸入車人気以前から、国内で親しまれていたコンパクトな輸入車と言えば、フォルクスワーゲンの“ゴルフ”が有名です。 コンパクト車についても、やはりドイツ車が優勢なのでしょうか? 「輸入車と言えばドイツ車」…中~大型車であればその通りかもしれませんが、実は、小型車に関して言えば、フランス勢に軍配が上がります。 プジョー、シトロエン、ルノーといったメーカーが特に有名で、デザイン性に優れているだけでなく、走行性能にも優れているため、“ゴルフ一強時代”に変化が現れるかもしれません。 さて、ここでネームバリューではなく、輸入コンパクト車の機能面にも着目してみましょう。 国産車のコンパクト車と言えば、良く言えば軽い、悪く言えば薄っぺらいイメージがありますが、輸入コンパクト車に関して言えば、これが当てはまらないのが興味深いところです。 「輸入車は頑丈」とよく言われるように、フレームがしっかりしているため、国産車より室内が広く取られているのが、輸入コンパクト車の大きな特徴です。 また、室内の内装についても、国産車のように「シンプル=安っぽい」造りにはなっておらず、中型車に引けを取らない高級感のある造りになっているため、コンパクト車であっても「極上の乗り心地」が損なわれていないのです。 そのうえ、価格面を見ても、輸入コンパクト車は同クラスの国産車に比べやや高価、という程度に抑えられています。 これらを総合して考えてみると、極上の乗り心地と走り心地が楽しめる室内空間に加え、優れた走行性能・燃費性能を手に入れることができ、さらには“輸入車というブランド”も手に入れることができる輸入コンパクト車は、非常にお得な1台と言えるのではないでしょうか。 小さいからと言って決して安っぽくない。むしろ極上の味わい。 もはや、小型車は日本車の専売特許ではありません。

輸入車ならではの室内空間

一般的に、輸入車の場合は国産車に比べ「高速での走行性能」が要求されるため、頑丈な造りになっています。 そのため、ボディの骨格がしっかりとした造りになっており ・・・続きは見出し!!